初心者でもわかる業者選定のポイント!?遺品整理業者の業務範囲と認定資格などについてご紹介

こちらのサイトは、遺品の片づけを専門業者に依頼するときの業者選定のポイントをわかりやすくご紹介しています。
遺品の片づけに特化している業者の業務範囲や認定資格とは何か、遺品の片づけを始めるタイミングは四十九日前後が良いといわれている理由などにも触れており、他にも遺品整理業者を利用する場合は優良の会社を利用することはもちろん処分する遺品の供養をしっかり行ってくれる会社を利用することのメリットなども解説していますので参考にされることをおすすめします。

初心者でもわかる業者選定のポイント!?遺品整理業者の業務範囲と認定資格などについてご紹介

遺品の片づけを専門業者に依頼したい、いくつかの業者に見積もりを依頼して費用が安いところを選ぶケースは多いといえましょう。
しかし、遺品整理は法律が関与するものも多く含まれるので遺品整理士と呼ぶ認定資格者がいる会社を選ぶことが大切です。
有資格者がいる業者の場合は、遺品に対する法律の知識を有していることや遺品の取り扱いにおける知識があるのでトラックに積み込み遺品を輸送した後は処分前にしっかり供養をしてくれる安心感もあります。

遺品整理はいつからやるのが良い?始めるタイミングを解説

大切な人が亡くなってまだまだ心の整理をつけることができないけれども、遺品整理はいつからやるのが良いのか、始めるタイミングについてわからないと言うケースも多いかもしれません。
一番最適なタイミングは、遺族が心の整理ができた時と言えるでしょう。
様々な手続きもあり、親族が集まった時がやりやすいとされています。
一般的に言われているものは、四十九日後や諸々の手続きが済んだ後、葬儀後や相続前が該当します。
これらは親族が集まる時であり、この時を選べば整理を効率よく行うことができるからです。
とはいえ精神的にまだ落ち着いていないのにもかかわらず無理をして遺品整理を行った場合には、心が余計に乱されてしまい、思うように進めることができなくなります。
アルバムなどを目にすれば感情的になり、手がつかないケースも多いでしょう。
このようなことから、故人への想いに整理がついた際に行うのが最も良い方法といえます。
故人が賃貸に住んでいた場合にはそうも言っていられません。
退去まで家賃を支払わなければならないため、早めに整理することが求められます。

遺品整理はスムーズに行うためにもしっかり計画を立てよう

遺品整理は、スムーズに進めていくためにも計画的に考えておかなくてはいけません。
そもそも、身内が亡くなってしまうと遺産相続の問題などが発生しますので、亡くなる以前にどういったものを整理するのかというリストをきちんと作っておく必要があります。
遺品整理をするとか言っても、チェックリストがないとどういった形で進めていけばよいのかが分からなくなってしまいます。
例えば、遺品の中でも処分できるものと売却できるものが存在します。
特に、遺産相続の対象となっているものは処分をしてしまうと後で大きなトラブルに発展する可能性もあります。
全て処分するというわけではありませんので、相続人などの関連からスムーズに手続きができるように準備をしておいた方が良いです。
身内であっても、家の中に残されている財産的な価値のあるものについては取扱いが難しくなりますので、計画的に準備をしておいて処分をするのか売却をするのかのリストをまずは作っておきましょう。

遺品整理の仕分けで残すべき3つの遺品とは?

遺品整理をするとき、初めに取り組まなければいけないのが「遺品分け」です。
仕分けをするときに、残しておきたいものがあれば残したいと思うのは当たり前のことでしょう。
遺品整理の仕分けのときには「3つに遺品を分けると良い」と言われています。
その3つは「残すべきもの」「処分するもの」「迷っているもの」です。
残すべきものは親族で相談しながら決めておくと、遺品の形見分けをすることも出来ますし、誰かにもらってもらうことも出来るので大切にしてくれる人の手元に残せるのがいいです。
処分するものは明らかにゴミとわかるもの、引き取りてがないものはすぐに捨ててしまう方が良いです。
下手にあれこれ考えて処分に迷っていると、その後に邪魔なものと判断して結局捨てる時期が遅くなるだけなのでおすすめは出来ません。
迷う遺品は一時的に期間を決めて残しておき、その期間を過ぎたらもう一度親族にも確認を取ってから処分をすると迷わずに捨てることが出来るようになります。

実際に起きた遺品整理のトラブル事例を把握して注意すべきポイントを確認しよう

日本は高齢化が進行しており、長生きするのが当たり前になっています。
ただ、寿命には限界があるので、今後は亡くなる方が多くなると予測されています。
親などが亡くなった場合は、遺品整理を行う必要が出てくるはずです。
自分で行うことができますが、知識を持っていないとスムーズに進めることができません。
遺品整理業者を活用して、効率よく行うのが望ましいです。
業者を利用した場合にトラブルが生じることがあるので注意する必要があります。
トラブルの例は処分しないで欲しいと言っていたものまで処分されてしまったケースです。
早く終わらせるために、よく見ないで分別している業者があり、そういうところは問題が発生しているので気をつけてください。
費用の安さだけで決めてしまう方が少なくないですが、もっと重視するべきことがあるはずです。
スタッフのクオリティやサービスの内容などを比較して、信頼して任せることができる業者を選ぶことが重要です。